FAQ

保険のコラム

借りた車を安全に乗るために|自動車を借りた際の保険のお話

中古車事故保護保険弁護士生活自動車補償運転

自動車保険は「自賠責保険」と「任意保険」に分けられます。自賠責保険は、事故の被害者への最低限の補償を目的としている保険であり、加入が義務づけられています。任意保険は自賠責保険で足りない部分を補うために任意で加入する保険です。自賠責保険は人身事故に適用されます。被害者側からも相手車両の自賠責保険に請求することができます(被害者には原則として同乗者も含まれます)。単独事故で同乗していた家族や友人が怪我をした場合でも保険を請求することができる場合があります。また車同士の事故で同乗者が怪我をした場合には、自分の車両と相手の車両の自賠責保険に請求することができます。 交通事故の被害にあった時、相手(加害者)が、友人・知人・親戚が所有する車を借りて運転していたというケースも少なくありません。しかも、その車の任意保険には本人・配偶者限定特約がついており、今回は本人・配偶者以外の者が運転していたので保険がおりないというようなケースもあります。このような場合に、被害者は誰に責任を追及すれば良いのでしょう?

借りた車で事故を起こした場合の賠償請求先は?

お正月や夏休みには、帰省先で実家の車を運転したり、旅行で友人と運転を交代するなど、他人の車を運転する機会が増えます。万が一、他人の車を運転して交通事故を起こしてしまった場合、その補償が気になるところです。たとえ他人の車であっても、まず運転者が事故の責任を負います。したがって、運転者は被害自動車の物損や被害者の人身損害について賠償金を支払う責任があります。(違反点数の加算、警察への罰金・反則金の支払い等も運転者に科されます。車を貸した側は司法・行政のペナルティを受けることはありません。自動車保険にすでに加入している方は、加入している自動車保険の他車運転特約で補償されるのが一般的です。一般的な自動車保険は補償の範囲が限られるほど保険料は安くなります。普段、運転者の範囲を本人限定や、本人・配偶者限定にして保険料を抑えている方も多いと思います。念のため確認しておくことをおすすめします。また、自分の車を他人が運転する場合も同様に運転する人が、自動車保険に加入していて、かつ他車運転特約が付帯されているか、前もって確認しておくようにしましょう。

借りた車でも1日単位で保険へ加入が可能

自動車運転免許を取得しているものの、自分では車を持っていないため、自動車保険には加入していないが友人・知人から車を貸してもらう際に(友人や知人、自分の家族の自動車保険ではなく)、自分の責任で事故に対する備えをしたい方は自動車保険に加入するという選択肢があります。車の運転免許証があれば加入でき、万一の事故の際には、事故の相手方に与えてしまった損害や、ドライバー自身の怪我などについて補償を受けることができます。補償期間は加入から24時間で、スマートフォンやコンビニの店頭端末などから当日でも加入できます。対象となるのは自家用車で、レンタカーで借りた車では加入できません。自分の車も対象外となります。1日800円プランでは対人・対物賠償や自損・搭乗者傷害、ロードサービスなどの基本的な補償を受けられます。例えば、親や友人から借りた車で事故を起こして車両持ち主の保険を使うと翌年以降の等級が下がり、保険料が大幅に上がってしまうこともあります。その点、1日保険で自らが対応すれば、等級への影響はありません。

セブンイレブンで入る保険について

1DAY保険とは、そんなときにあったらいいなと思う新しい1日単位の自動車保険(24時間単位型自動車運転者保険)です。セブンイレブンで入る1DAY保険なら、夕方に契約しても次の日の夕方まで24時間単位で補償を受けることができます。店内のマルチコピー機で簡単にお手続きできます(24時間365日)、1日800円から入れる保険もあり、「2回目から割引」もあります。1回の契約で最大四人まで運転者を追加することができます。1回の契約手続きで、最大7日分の契約が可能です。万が一の事故の際も、三井住友海上のスムーズな解決に導く事故対応、ロードサービスも充実しています。nanacoでのお支払いも可能です。