FAQ

保険のコラム

自動車の保険が必要なケース|こんな時に保険が必要に!

事故保険割引契約等級自動車補償見積もり車両

自動車保険には、法的に加入を定められている「自賠責保険」と、加入が自由にゆだねられている「自動車保険」の二種類があります。法的に加入を義務づけられている自賠責保険は”強制保険”、自動車保険は”任意保険”と呼ばれたりしますが、現在、車を運転する人は自賠責保険だけでなく、自動車保険にも加入することが常識的になっています。しかし、次のような疑問を持たれる方も多くいらっしゃいます。「なぜ、すでに自賠責保険に加入しているのに、任意の自動車保険にも加入する必要があるの?」
任意保険は、自動車を運転するリスクに幅広く対応します(運転者自身が死傷した場合、車や物を壊してしまった場合や、自賠責保険の限度額を超えて賠償請求された場合など)。
任意保険への加入は義務づけられてはいませんが、多くの人が任意保険に加入しています。自賠責保険は車種ごとに料金が決まっていますが、任意保険は乗っている車やドライバー、保険会社によって異なります。事故の際に自分自身の怪我の補償や、同乗者に対しての補償もあります。すべてのドライバーが事故を起こすわけではありませんが、加入しておくと安心です。

自動車での保険が必要になるケース

自動車事故で自分が怪我をした

自損事故、例えば、ブレーキとアクセルを踏み間違えて壁や電柱に衝突した場合や、自宅の駐車場に車を停めようとして運転操作を誤り、物を壊してしまった場合など、運転者が自ら単独で起こした事故のことです。つまり、事故の当事者がご自身のみで、相手が存在しない単独での事故となります。単独事故・自損事故を起こし、運転者自身の身体に損害が発生した場合。つまり、自分が怪我をしたり、死亡してしまったりした場合に「自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)」は、自分が加害者である場合の事故において、被害者となってしまった方の怪我に対して、加害者が法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害を補償する保険です。つまり、運転者自身に発生した怪我は自賠責保険の補償の対象外となっています。その際に、自動車保険の「人身傷害補償保険」へ加入していると、ご自身と同乗者が事故により怪我を負った場合に保険金が受け取れます。過失割合に関係なく自動車事故による後遺症、精神的損害、逸失利益もカバーできます。現在ほとんどの自動車保険の基本補償の中に人身傷害補償はセットされています。

自動車事故で相手を怪我させた 

自動車事故による「人」への賠償は、治療費の実費(事故により実際にかかった費用、通院交通費、葬儀費用など)、逸失利益(事故が起きなければ得ていたはずの収入)、精神的損害(慰謝料など)、将来の介護料など(後遺症などによる将来の費用)が想定されます。 特に後遺障害、死亡の場合は、逸失利益や精神的損害などが高額となる場合が多くみられます。自賠責保険があるとはいえ、例えば死亡時には3000万円が補償の上限です。仮に支払うべき賠償金が8000万円だとすると、自賠責保険の3000万円を超える5000万円を負担しなければなりません。こうした事態にも自動車保険で備えることができます、自動車保険で賠償金が支払われることは、被害者だけでなく、「加害者の負担も」軽減されます。このような保険は、大きく分けて「被害者のための補償」と「自分や同乗者のための補償」として存在します。

借りていた車を壊してしまった

友人や知人と車の貸し借りをする際に確認しておきたいポイントのひとつは、その車の保険に「運転者の範囲を限定する特約」がセットされているかどうかについてです。運転者の範囲を限定する特約がセットされている場合、限定した方が運転中の事故に限り、自動車保険の補償の対象になります。通常、自動車保険は運転手ではなく契約した車両に対して保険がかかっています。そのため、友人に借りていた車で事故を起こしてしまった場合、事故を起こした人の加入する保険ではなく、車両所有者の加入する保険を使って対処することがあります。翌年以降、自動車保険の等級は下がり、事故有等級が適用され保険料が上がる場合があります。そんなときも、自動車保険に加入していれば、借りた自動車の事故を、自分の保険で補償することできる場合があります。 

自分の車でなくても保険をかけることができます

友人・知人から車を貸してもらう際に、友人や知人、自分の家族の自動車保険ではなく、自分の責任で事故に対する備えをしたい方は、自動車保険に加入するという選択肢があります。車の運転免許証があれば加入でき、万一の事故の際には、事故の相手方に与えてしまった損害や、ドライバー自身の怪我などについて補償を受けることができます。友人・知人など他人の車を借りて運転するときは、友人・知人の自動車保険の「補償される運転者の範囲」に「自分」が含まれているかを確認しましょう。また、自動車保険のことで友人・知人に迷惑をかけたくない場合は、自分が加入している自動車保険に「他車を運転する場合の補償に関する特約」が付帯されているか、付帯されている場合にはその補償内容もあわせて確認することが重要になります。

セブンイレブンで入る保険について

1DAY保険とは「車を持っていないけれど、家族や友だちから車を借りて運転する」など、そんなときにあったらいいなと思う新しい1日単位の自動車保険(24時間単位型自動車運転者保険)です。セブン‐イレブンで入る1DAY保険なら、夕方に契約しても次の日の夕方まで24時間単位で補償を受けることができます。店内のマルチコピー機で簡単にお手続きできます(24時間365日)、1日800円から入れる保険もあり、「2回目から割引」もあります。1回の契約で最大四人まで運転者を追加することができます。1回の契約手続きで、最大7日分の契約が可能です。万が一の事故の際も、三井住友海上のスムーズな解決に導く事故対応、ロードサービスも充実しています。nanacoでのお支払いも可能です。